交通安全ステッカーっていいよね

寺社仏閣で販売している素敵な交通安全ステッカーを御存じでしょうか? 本ブログではそんなステッカーを定期的に紹介していきます。

神田明神

創建1300年を迎える神田明神のステッカー。

f:id:ko_ya346:20180922100622j:plain

御幣(ごへい)の形をしています。神社の本殿あたりにおいてる白いギザギザの紙ですね。あれです。

 

ビビッドな色使いがいいですね!交通安全ステッカーならではです。

 

「江戸総鎮守」とあります。

この由来ですが、慶長5年(1600)に関ヶ原の戦いが起こった際、

こちらで徳川家康公に戦勝のご祈祷を行なったそうです。

 

f:id:ko_ya346:20180922102042j:plain

 

結果はご存知の通り家康公が見事勝利し、これ以降、徳川将軍家により手厚い待遇がなされました。

江戸幕府が開かれると、幕府の尊崇する神社となり、元和2年(1616)に江戸城の表鬼門守護の場所(現在の地)に遷座し、幕府により社殿が造営されたそうです。

以後、江戸時代を通じて幕府をはじめ江戸庶民にいたるまで篤い崇敬をお受けになられました。

そこから「江戸総鎮守」と呼ばれているそうです。

 

現在創建1300年を迎えるにあたり、文化交流館の建設を進めていました。

この近未来デザイン!スケスケですよ。おしゃれ大学のカフェみたいです。

f:id:ko_ya346:20180922102359j:plain

現在の技術を取り入れ、文化に合わせ未来に繋いでいくことが

正しい信仰の姿であると感じます。

 

 

江戸総鎮守 神田明神

〒101-0021

東京都千代田区外神田2-16-2